リハビリGIFT

認定理学療法士・NST専門療法士がリハビリに関する内容を書くブログ

食前酒の効果・おすすめの飲み物

f:id:kyurihasp:20200423212821j:plain

食前酒は食欲を上げる効果がある?

お洒落なお店などにいくとまず食前酒で乾杯をする機会が多いのではないでしょうか?食前酒は「アペリティフ」とも呼ばれており、洋食だけでなく和食レストランでも習慣的になっているようです。

そんな食前酒には食欲を上げる効果があることが知られていますが、本日はその理由水分摂取と食事摂取量との関係を紹介したいと思います。

目次

・食前酒(アルコール)の効果

・水分摂取量と食事摂取量の関係

・まとめ

 

f:id:kyurihasp:20200423212817p:plain

・食前酒の効果

食事をする前にお酒=アルコールを摂取することで起こる効果は、胃の蠕動運動や胃酸分泌を向上させる他に食欲増進ホルモンのグレリンを増進させる効果があります。また、利尿作用や肝臓による解毒作用が働くことで塩分や糖質摂取を誘発する効果もあります。飲み会終わりにラーメンやフライドポテトなどが無性に食べたくなる時ってありませんか?これはアルコールを摂取することで起きた生理反応の結果かもしれません(結局は自分の意志次第ですが、、、)

f:id:kyurihasp:20200422212516j:plain

 

・ 水分摂取量と食事摂取量の関係

アルコール摂取と食欲増進の効果は判明していますが、実は水分を摂取するだけでも食事摂取量は増加するんです。

Fujihiraらは、12名の若年者男性(年齢23.1±1.9歳、BMI22.7±1.2㎏/ⅿ²)を対象に飲食前の水分摂取と食事摂取の関係を調査しており、食事2時間前に栄養ドリンク(13.6%タンパク質、29.7%脂質、56.7%炭水化物)を100ml(水で600mlに希釈したもの)・600mlそれぞれ摂取しました。その後、食事(トマトソースパスタ)を満腹と感じるまで食べてもらい(制限時間1時間)、その摂取カロリー及び胃の断面積などを測定しました。

結果、600mlの栄養ドリンクを摂取したほうが摂取カロリー(4.6±1.4MJ vs 5.1±1.3MJ,p=0.046)及び胃の断面積(p=0.046)・収縮速度(p=0.001)ともに有意に増加していました。

要因としては、高カロリーを摂取することでグレリンやモチリンなどの食欲増進ホルモンがより分泌された点、グルコース濃度が急上昇することで食欲が増加した点などが考えられます。

 

 

・まとめ

 ・食事前のアルコール摂取はホルモンや粘膜を刺激し、胃の蠕動運動や食欲を高めることで食事摂取量を増加させる効果がある

食前の水分摂取量が多いほど、胃の蠕動運動や食欲が高まり食事摂取量が増加する

お腹いっぱい食べたいときや身体を大きくしたいときは、アルコール濃度が高く甘めのお酒を飲むと効率が良いかもしれない(甘めのスパークリングワインがおススメ)

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

文献

Kyoko F,et al:The Effects of Pre-Meal Drink Volume on Gastric Motility and Energy Intake in Healty Men.Physiol Behav.213.2019