リハビリGIFT

認定理学療法士・NST専門療法士がリハビリに関する内容を書くブログ

甘味料のメリット・デメリット~理解すれば強い味方~

f:id:kyurihasp:20200505101514j:plain

甘味料を味方にするのも自分次第です

ケーキや最近流行っていたタピオカドリンクなど甘いものはいつの時代も好んで食べられていますね。

タピオカより今はバナナジュースが流行りなのよ

・・・そうですか、私ももう年なのかもしれませんね

そんな甘いものを食べすぎてるともちろん太ってしまい・健康を損ねる可能性もあります。そんなとき、注目されているのが甘味料です。甘味料は、砂糖の何十~何百倍の甘味をかんじることができ、健康志向やダイエット志向の広がりもあり最近では甘味料が使われる食品も多く店頭に並んでいますね。

甘味料のメリット・デメリットを理解することで味方になると思います。

 目次

①甘味料のメリット

②甘味料のデメリット

③私の甘味料と向き合い方

④まとめ

f:id:kyurihasp:20200505101503j:plain

①甘味料のメリット

私が考える甘味料のメリットは次の2つだと思います。

・カロリー制限によるダイエット、病態管理

・ストレスの軽減

砂糖は1グラム当たり4kcalのカロリーがあります。一方人工甘味料であるアステルパームアセスルファムK1グラム当たり0kcalで甘みは砂糖の200倍感じることができるんです。

・・・0kcal。そんなことあり得るんですか?

 そんなことあり得ちゃうんです!!科学の力は凄いですよね~。これらの人工甘味料は市販のダイエットコーラやデザート、ガムなどに含まれており減量期に甘いものを食べたとしてもカロリーを過剰に摂らなくてよい最大のメリットがあります。加えて、甘味料は血糖値の上昇が少ないため、糖尿病や肥満治療の対象者に関して甘味料を用いた食事療法を行うことも増えており、栄養管理の面においても一躍かっているんですよ。

また、食べたいものを我慢するとどうしてもストレスが溜まってしまいますよね?(私はお酒なんですが・・)甘味料製品であれば食べても太る可能性は低いので、精神面のメリットもあると思います。

②甘味料のデメリット

甘味料ってすごいんだね。僕もこれからいっぱい摂るようにしよっかな。

甘味料にはメリットが多くあります。しかし、デメリットもあるんです。私が考えるデメリットは以下の2点

・逆に太ってしまう可能性がある

・腸内環境が崩れる可能性がある

えっ!太っちゃうの?さっきダイエットに向いているって言ってたじゃん。

確かに甘味料は砂糖よりカロリーが少なく一見太るイメージができないですよね?でも甘味料を摂取することで①ホルモン②味覚③血糖値に変化が及ぼすことが判明しています。

①ホルモンに関して、甘味料は血糖をコントロールするインスリンの分泌を増加させます。このインスリンが増加すると体内に糖分が蓄えられやすくなるので、カロリーをとっていなくても太りやすくなる可能性があるんです。また、グレリンと呼ばれる食欲増進ホルモンも人工甘味料の摂取で増加することが分かっており、食欲増加→食べ過ぎる→太っちゃうという負の方程式が完成してしまうんですね。

②味覚に関して

人間の舌や内臓には味を感知する味蕾(みらい)というセンサーがあります。甘味料を摂りすぎると甘みを感じる味蕾の閾値(いきち)が上がる可能性があるんです。

閾値が上がるってどういうこと?

閾値があがるっているのは反応や感覚が鈍くなるってことなんだ。

つまり、甘みの閾値が上がる→甘みを感じずらくなるいつもより調味料を使ったり甘いものが食べたくなるという流れになり摂取カロリーが増えてしまう危険性があるんですね。

③血糖値に関して

先ほどメリットの話の中で、甘味料は血糖値が上昇しにくい特徴を述べました。しかし、血糖値が上がらないと脳みそが満腹感を得ずらくなります。そのため、甘味料食品を摂取しているだけでは脳みそが満腹感を感じないので、他のものを余計に食べたくなっちゃうんです。

ですが、毎日人工甘味料を摂取しなければ、デメリットが起こる可能性は低いようなので、習慣的にダイエット飲料や食品を食べている人は控えてみるのもいいかもしれません。

 

 

③私の甘味料と向き合い方

f:id:kyurihasp:20200425221007j:plain

以上の点を踏まえ私が甘味料飲料など摂取するのは【カロリー制限期にストレスを溜めないたとき】にだけと決めています。また、取り方も私なりに工夫しています。

・少しの甘いものと一緒にとって満腹感+満足感を得る

・炭酸水等で割って摂取量を減らす

チョコや和菓子などと一緒に摂れば血糖値の上昇で脳が満足感を感じやすくなります。また、ダイエットジュースに炭酸水などを追加して飲むことで摂取量を少なくする工夫も私なりにしています(味の保証はできません。。)

なるほど~勉強になりました。あと腸内環境が崩れるのはどうしてですか?

それはね~~~、また今度ということで(説明疲れました)。

④まとめ

・甘味料はカロリーが少なく、ダイエットや肥満患者の治療に効果的

・甘味料のデメリットに肥満ホルモンの上昇・味覚の低下などがあり過剰摂取には注意が必要

・甘味料食品を摂取する際は、適量を適度にとる気持ち・習慣化しないことでメリットを最大限生かし体型維持の強い味方になる

 

ブログ村ランキングに参加しています

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

 ・文献

・Pepino MY, Bourne C(2011)Non-nutritive sweeteners, energy balance, and glucose homeostasis. Curr
Opin Clin Nutr Metab Care. 14 : 391-395

・Sakurai M, Nakamura K, Miura K, et al(2014)Sugar-sweetened beverage and diet soda consumption
and the 7-year risk for type 2 diabetes mellitus in
middle-aged Japanese men. Eur J Nutr 53 : 251-258